葉っぴぃダイアリー

クルミの殻でナチュラルガーデン ( 2017.11.11 )

県立植物園で開催中の「にいがたオータムガーデンショー」の一角にクルミの殻が飾られていますが、これは聖籠緑地で採れたクルミの実を障害者の方がひとつひとつ割ってくれたものです。

新潟市が推進している障がいのある人向け体験プログラム「アグリ・ケア・プログラム」を活用した取組の輪が拡がっています。

クルミの殻をプランターや花壇のマルチングで使うと、見た目はナチュラルで、雑草対策にもなります。

sIMG_5185

« 前の記事     



Return to page top